ニュース

柿渋貯蔵庫つくり

いよいよ終盤となった柿渋座。最終回は柿渋貯蔵庫を作ります。

柿渋座は「柿渋にまつわる諸活動のための場」であり、活動そのものを価値あるものですよと世の中に提示する展覧会です。いわゆる絵や彫刻の様な形ある作品の展示ではないため、何を鑑賞して、どう評価したらいいのか分かりづらいかもしれません。ア-トとは新しい明日を迎える為の「脳みその栄養」だと思います。柿渋座では自然素材と手を使ったロ-テクな実践を通して、身近な環境を調整する柔軟な適応力を身につけた多様なメンバ-が集まってきました。この状況を是非参加して鑑賞(体感?)して頂きたいです。

今回新たに制作した数少ない「モノ」のひとつが木製の足場ユニットです。これは、参加者が作品作りに夢中になれる環境を整えるために作ったものです。参加者自身が簡単に組み立てることが出来て、複数の用途に使用することが出来るようオリジナルに設計制作しました。高さの違う大小の足場、台、そして今回取り組む柿渋貯蔵庫。美術館の敷地内に常設の小屋として柿渋座メンバ-で制作します。

予定している内容は、石を用いた基礎組み、木製足場を用いた小屋骨組み作り、柿渋を塗った板屋根張りなどです。小屋作りにまつわる心得えも実践的に学んでいきたいと思います。小屋が無事完成したら「お疲れさま交流会」にしましょう。今年仕込んだ柿渋が来年以降の継続的な活動のタネとなるよう、柿渋座メンバ-同士の交流をしたいと思います。自己紹介のための逸品(作品・楽器・芸など)がある方は是非お持ちください。みなさまのご参加お待ちしております!


イベントバナー

日時:2018年9月29日(土) 午前10時から午後4時まで
会場:坂本善三美術館
持ってくるもの:弁当、水筒、軍手、作業着

・昼食の準備を各自でお願いします。車座で食事したいと思います。
・貯蔵庫が完成したらお疲れさま交流会をします。自己紹介のための逸品(作品・楽器など)あればご持参ください。

 

 

DSCN2374
1/10スケ-ルのモックアップ模型
DSCN2427
製作した足場(写真は2組分)

 

 

見れば見るほど木目というのは不思議な模様をしており2つと同じものはない。

DSCN2420
みんなで協力して足場に柿渋を塗る
DSCN2862
色んな態勢で使用される足場
DSCN2652
柿渋作りの仕込み台としても使用
DSCN2608
大きいサイズの一連足場
DSCN2604
大小組み合わせた二連足場
DSCN3014
小さいサイズの三連足場
DSCN2651
複数の足場を組み合わせたインスタレ-ション
DSCN3019
貯蔵庫予定地にセットした大きな三連足場

外壁柿渋塗り完成!

去る8月26日、柿渋座のメイン活動であります「外壁柿渋塗り」を行いました。以前の活動で塗った「ベンガラ柿渋」の上に、柿渋の原液を塗る仕上げの工程です。暑さのピ-クも過ぎて気持ちのいい晴天のなか、約20名の柿渋座メンバ-と一緒に作業しました。

作業開始前に坂本善三美術館の建物周囲をみんなでぐるりと歩いていくつかの見学ツア-をしました。まず、前回仕込んだ「柿渋」の熟成具合の確認です。表面に膜やカビが発生していますが、気にしなくてよいのは経験から学びました。色や匂いなどを五感を使って観察します。次に、次回の柿渋座で予定している「柿渋貯蔵庫」の計画地を確認しました。美術館の一角で直射日光が当たりにくく、普段使われていないけれど来館者の目に入るような場所。そんな丁度良いぴったりな場所がありました。こちらもお楽しみに。それから、外壁を塗るにあたって事前に作った塗装サンプルを確認しました。塗る材料、塗る回数によってどのような変化が表れるかを見比べて、今回採用した「ベンガラ柿渋塗り」+「柿渋仕上げ塗り」が最も色濃くムラの少ない綺麗な仕上がりであることを確認しました。

さて、柿渋塗りのスタ-トです。今回塗るのは八女立花で購入した一年物柿渋の原液です。刷毛を使って木目に沿って塗ります。柿渋を塗ることで色濃くマットな印象になり、それまで手に付いていたベンガラの粉も付かなくなります。表面をコ-ティングして強くするような効果が実感できました。柿渋塗装作業はそれぞれのぺ-スで和やかに進み、予定範囲をしっかり塗り終えることが出来ました。これにて本館縁側の外壁塗りは完成、素晴らしい仕上がりですっかり綺麗な姿に生まれ変わりました!ご参加いただいた柿渋座メンバ-のみなさまありがとうございました。

IMG_1848
最高な天気のなかスタ-ト
IMG_1815
作業開始前のオリエンテーション
IMG_1817
たねもしかけもによる作業説明
IMG_1859
寒冷紗で日除けした本館縁側
IMG_1820
柿渋で外壁を塗る
IMG_1831
親子で協力して作業する
IMG_1832
正面玄関エリアは女性達の手で丁寧に
IMG_1858
最後に縁側を柿渋で塗る
DSCN2877
柿渋を塗り終えて色濃く再生した外壁
DSCN3016
柿渋を塗り終えて色濃く再生した外壁

 

IMG_1867
足場を分解して次回の作業に備える
IMG_1874
作業終了のまとめとお知らせ
IMG_1877
柿渋を塗り終えて記念撮影 おつかれさまでした!

柿渋完成しました

先日の柿渋座では、叩き潰した「渋柿」を湧水に漬け込みました。渋柿に含まれるタンニンが水に溶け出すように数日浸けておきます。発酵が始まり、容器からあぶくが溢れる前に果実を取り除くと良いようです。

浸けて3日経ち、樽の蓋を開けると甘酸っぱい匂いが広がり、渋柿の表面にはうっすらとカビが発生しています。しかしここで動揺してはなりません。渋柿の実をザルで取り除くと、白濁した液体が残ります。この液体こそが「柿渋」になります。日の当たらない涼しい場所で熟成すると完成です。徐々に赤く色ついて粘度が高くなってきます。

今年柿渋座では150リットル程の「柿渋」を仕込むことが出来ました。今後、坂本善三美術館の敷地の一角に「柿渋貯蔵庫」を作り、そこで保管する計画です。坂本善三美術館にお立ち寄りの際は、ぜひ熟成の様子をご覧頂ければと思います。

 

DSCN2715
町内で採取した渋柿(ガラガラ柿)を漬け込んだ状況
DSCN2777
八女で採取した渋柿(ニエ柿)を漬け込んだ状況
DSCN2775
漬け込んで3日経過し表面にカビが発生する
DSCN2780
果実を取り除いた液体(=柿渋)
DSCN2797
今年作った約150リットルの柿渋

柿渋作り 八女遠征編

八女で柿渋を製造販売されている中尾さんの柿渋仕込みを柿渋座でお手伝いしてきました。中尾さんは以前にも柿渋についてお話を伺ったり、柿渋を分けて頂いたりと大変お世話になっている柿渋作りの「師匠」です。今回は急な呼びかけに集まっていただいたメンバ-総勢7名+柴犬1匹での参加でした。

八女立花にある中尾さんの渋柿畑には柿渋用に渋みを強く改良された通称「ニエ渋」と呼ばれる渋柿が20本ほど植えてあります。ニエ渋はピンポン玉ほどの小さくまん丸な実で、熟れても渋いそうです。毎年お盆に帰省にされる娘さん夫妻と協力して収穫をされます。収穫の目安は仕込み樽の容量に合わせて、上限コンテナ10箱。一日以上かかる大仕事です。前日に師匠が切り落とした大枝から鈴なりの実を採取します。作業が進むにつれ皆黙々と採取する、このそれぞれが夢中になっていく時間が好きです。今回は人数も多かったため午前中には収穫完了しました。

採取した勢いで実も潰そうかということになり、師匠の先代が製作したというお手製圧搾機の登場。渋は鉄分と触れると黒く変色することから、圧搾する部分は石で作られていました。コンセントを差し込むとガシ-ン ガシ-ン ガタゴト ガタゴトとリズムよく歯車が回り出します。渋柿の実を上から投入するときれいに潰れて下から出てきます。実を投入する、潰れた実を仕込み樽に移すの流れ作業で、コンテナ10箱分を一時間ほどで潰してしまいました。早い早い。

仕込み樽が満タンになったところで、残りはもらっていいよと師匠のお言葉を頂きます。そこは柿渋座、ちゃっかりマイ樽を持ってきており有難く頂くことに。師匠も仕込みが早く終わって良かったよと喜んで頂けた様子でした。長年培ってこられた師匠の仕事を拝見し、細かな疑問点にも丁寧に答えて頂き、とても実りなる一日となりました。ありがとうございました。

DSCN2736
渋柿畑目指して進む柿渋座メンバー
DSCN2639
中尾さんの渋柿畑
DSCN2638
中尾さんの渋柿 通称ニエ渋
DSCN2730
渋柿採取状況
DSCN2732
渋柿採取状況
DSCN2760
目標のコンテナ10箱採取達成
DSCN2749
先代が製作した圧搾機
DSCN2752
圧搾部は石で作られている
DSCN2754
圧搾機スイッチオン!
DSCN2758
瞬く間に潰された渋柿が落ちてくる
DSCN2765
潰れた渋柿を仕込み樽に移す
39108312_2139676436255512_5371194394235895808_n
潰れた渋柿を去年の二番渋で漬け込む
DSCN2770
中尾ファミリ-(右)と柿渋座メンバ-(左)
DSCN2625
中尾さん宅に貼られた柿渋座ポスタ-発見!嬉しい!!

 

 

今年も柿渋仕込みました

第三回「柿渋座」柿渋作りを開催しました。今回は残暑が続くなか延べ50名超の柿渋座メンバ-のみなさんに参加頂き、午前中に渋柿採取、午後に仕込みの作業を行い、無事今年の柿渋を仕込むことが出来ました。

今年、小国町内は渋柿の実なりが少ないようで、充分な収穫が出来るか不安もありました。「野良柿募集」について町内放送でお知らせをしたり、広報おぐにで呼びかけたり、坂本善三美術館に縁のある方々にお声がけしたところ、複数の情報提供を頂けました。事前に現地を確認し、実のなり具合・収穫しやすさ・駐車場の確保などを勘案して「北里」と「寺尾野」の二ヵ所で採取することにしました。その他にも情報提供頂いた渋柿については、活動の前日に事前採取させて頂き、コンテナ1箱弱の収穫となりました。

「北里」の渋柿の木は、北里柴三郎記念館に植えられた二本と、北里保育園隣の一本。どちらも低めの木なので、親子や女性を中心にチ-ムを組んで採取しました。北里保育園隣の渋柿は平べったく四角い甘柿に似た実でした。「寺尾野」の渋柿の木は、秘湯ファンにも人気な寺尾野温泉の隣に生えた背の高い大きな一本。こちらは自称体力に自信のあるメンバ-で採取しました。用意した柿取り棒を使って枝ごとポキンと折っては収穫していきます。通称ガラガラ柿と呼ばれる小ぶりで細長い実でした。2チ-ム合わせてコンテナ1箱強の収穫となりました。

お昼は眺めの良いところでお弁当を食べる、町内の食堂やカフェでランチする、温泉で汗を流すなどなど楽しみ方は自由。若干ゆるく集まるチ-ム、これが柿渋座のモット-です。

午後からは坂本善三美術館の裏庭で柿渋の仕込み作業です。まず、水で渋柿の表面をザっと洗います。今回は作業に余裕があった為、ヘタも手で取れるものは取りました。その後は、ナイロン袋に渋柿を数個入れて木槌で叩き潰します。石張り等の硬い床の上で叩くと上手くいきました。その間に手の空いたメンバ-と、美術館から徒歩数分にある湧水「蓬莱命水」を汲んで来ました。潰れた渋柿を湧水に漬け込んだところで今回の作業は完了しました。このあと三日三晩浸け置きして、ザルで濾した液体を樽に入れて貯蔵という流れになります。こちらはまた後日ご報告いたします。

柿渋作りの方法はとてもシンプルですが、渋柿の種類や潰し方、潰した実を浸け置く時間などに様々な違いがあるようです。年に一度の柿渋作りです。毎年色々と試してみるのも楽しいと思います。是非ご近所の野良柿を探して家庭用の柿渋を作ってみてはいかがでしょうか?

DSCN2673a
作業工程の図解
DSCN2535
柿取り棒の先端
DSCN2669
事前採取した大きな渋柿

IMG_1334

DSCN2670
事前採取した渋柿
DSCN2668
事前採取した収穫物
IMG_1357
北里チ-ムの採取状況
IMG_1338
北里保育園隣の渋柿 平ぺったく四角に近い

 

DSCN2676
寺尾野チ-ムの採取地 秘湯の近くの大木
DSCN2679
寺尾野チ-ムの採取状況
DSCN2681
寺尾野チ-ムのみなさん

 

IMG_1401
2チ-ムの全収穫物

 

DSCN2698
午後の作業風景
DSCN2686
収穫した渋柿を洗う 小国中学校美術部のみなさん
DSCN2688
収穫した渋柿を洗う 親子での作業
DSCN2695
木槌で渋柿を叩きつぶす
DSCN2693
叩きつぶす
DSCN2700
叩く叩く
DSCN2706
蓬莱命水を汲ませて頂く
DSCN2710
蓬莱命水を運ぶ
DSCN2712
叩き潰した渋柿を蓬莱命水に漬け込む
DSCN2716
漬け込んだ渋柿
DSCN2713
漬け込み作業完了

去年の柿渋作りのふりかえり

柿渋座の活動、実は一年前から始まっていました。昨夏、坂本善三美術館スタッフのみなさんと「柿渋」を自分たちで作って仕込んでいたのでした。

「柿渋作り」はお盆の限られた期間しか適しません。というのも渋柿の中に含まれている渋み成分タンニンが、その時期の未熟な果実に一番多く含まれているからです。手帳のメモによると去年は8月24日に仕込んでいます。去年は割と豊作だった為、大きな一本と、小さな三本の渋柿の木からコンテナ一箱ほど採取できました。

水洗いしてステンレスの包丁でヘタを取り、さいの目状に小さく切ったあと、水を加えながらミキサ-で粉砕しました。今振り返るとこの時加えた水に問題があったのかもしれません。というのも水道の水をそのまま使用したため塩素などが含まれており、本来であれば湧き水など天然の水を使うべきだったのです。ちょっとしたことですがその後の熟成に大きな違いが出てくるようです。

潰した渋柿の果実を水に浸け置き三日三晩、タンニンが水に充分溶け込んだ頃に布で絞り、その絞り汁を樽などの容器に入れて「一番渋」の仕込み完了です。残った搾りかすも水に浸けて「二番渋」の仕込みとなります。二番渋は翌年の仕込み用の水分として利用できます。涼しい場所で寝かせた一番渋は一年も経てば熟成が進み、赤みを帯びて甘酸っぱい匂いの柿渋になります。

というのが一連の工程になります。柿渋づくりはとてもシンプルなのですが、お盆に仕込む、水道水を使わない、鉄の道具を使わないといった最低限のル-ルがあります。これさえ守ればきっといい柿渋ができるはずです。

今年の柿渋作りはミキサ-を使わず、木槌で叩いて潰してみようと思います。きっとその方が楽しくなる気がします。水は坂本善三美術館から徒歩圏内の蓬莱命水という湧き水を使います。きっといい柿渋が出来る気がします。是非みなさんご一緒に柿渋作りを体験しましょう。


03
日時:2018年8月11日(土) 午前10時から午後3時まで
会場:坂本善三美術館
持ってくるもの:弁当、水筒、軍手、作業着

・晴天が続きます。来場の際は各自熱中症対策をお願いします。
・昼食の準備を各自でお願いします。町内の飲食店もご紹介できます。
・マイ木槌をお持ちの方はご持参ください。
・今年は渋柿の実なりがあまり良くありません。
もし近所に放置されている渋柿があれば、前日採取してご持参頂けると助かります。

 

IMG20180805
去年の柿渋作りメモ
DSCN0147
採取した渋柿 通称ガラガラ柿
DSCN0141
渋柿 タテ4cm
DSCN0140
渋柿 ヨコ3cm
DSCN0142
ヘタを包丁で取る
DSCN0146
サイコロ状に小さく切ってミキサ-にかける
DSCN0148
ミキサ-で潰したところ 3日後に絞って完成

 

ベンガラ柿渋塗りしました

柿渋座のメイン活動であります外壁のベンガラ柿渋塗りをしました。今回は約30名の柿渋座メンバ-にお集まりいただきました。

猛暑に備えて柿渋座のぼりと寒冷紗で日除けを設けたのですが、その姿は戦国時代の合戦本陣さながらの様相。坂本善三美術館の景観と調和するように、素直な選択をすると江戸時代にタイムスリップするんですね。建物の持つ力は時空を超えます。

ベンガラ柿渋については、前回の稿(ベンガラ柿渋塗り考)をご覧いただくとして、早速外壁塗りに取りかかります。今回の作業では柿渋座心得として「一人一人が作品作り」を掲げました。誰かと競うわけでもなく、誰かにやらされるわけでもなく、自分自身と向き合って集中して一つの作品として仕上げていくこと。そうして町の美術館として長い間多くの人の目に触れ続ける公開作品を作りましょうよと。これは公共の建築物ではなかなかない貴重な機会なのです。

いざ作業に取り掛かるとみなさん夢中で取り組まれてました。玄関周りを担当された方が「玄関は光栄だから特に綺麗にしたい」と張り切ってあったことや、彫刻の細かな部分を「ここも塗って綺麗にしたい」と進んで仕上げて頂いたこと、その他にもいくつもの素敵なシ-ンがありました。ほんとうに嬉しいことに柿渋座は着々と自主性のあるチ-ムに育っています。

同時進行で、ベンガラの焼成実演をして黄土が赤褐色に変色していく様子を体験したり、おまけ企画で柿渋染めを体験しました。休憩多めに会話も楽しんであっという間の3時間の活動でした。今回は一番目立つ美術館本館の正面縁側周辺をベンガラ柿渋塗りしました。次回は柿渋の原液を上塗りして仕上げる予定です。

暑い中ご参加いただいたメンバ-の皆さまありがとうございました。みなさんの手で綺麗な姿に仕上がり建物も喜んでいます。外壁塗りは継続して新たな局面も向かえます。興味のある方はぜひ次回ご参加ください。どうぞ柿渋座をよろしくお願いします。

DSCN2672
作業工程の図解
37674751_203042047043231_4839331658916167680_n
作業手順と心得えをお伝えするオ-プニングレクチャ-

 

DSCN2449
ベンガラ柿渋調合場
DSCN2454
ベンガラ柿渋塗り風景
DSCN2463
ベンガラ柿渋塗り風景
DSCN2462
細かな細工のある部分は入念に
DSCN2457
玄関周りは丁寧に
DSCN2461
親子の共同作業も
DSCN2464
夫婦の共同作業も
DSCN2495
ムラなく塗られた外壁
DSCN2493
丁寧に塗上げられた木鼻
DSCN2469
ベンガラの焼成実演
DSCN2470
焼成すると赤褐色に変色する
DSCN2467
柿渋染め体験コ-ナ-
DSCN2503
ベンガラ柿渋塗り完成
DSCN2471
今回お集まりいただいた柿渋座のみなさん 充実した表情です