柿渋座はじまりました

柿渋座の第一回目開催しました。

今回は、今後の柿渋座活動でユニフォームとして使えるようにメンバーの私服を柿渋で染めました。

今回メンバーとしてお集まり頂いたのは町内外から総勢約70名の方々。なんと二時間半かけて来られた方もいらっしゃいます。もうみなさん柿渋に対する関心と愛情が溢れ出ています。ありがたいことです。

初めて柿渋という言葉を耳にした方や、子供のころ親が漁網を柿渋に浸けていた記憶がある方、柿渋を飲んだことがある方など、柿渋との関わりも様々。年齢・性別も様々。生徒さんも赤ちゃんもいます。柿渋という共通項で集まる多様性のある場所、それが柿渋座です。そう願っていたらそうなりました。ほんとうにありがたいことです。

はじめに柿渋座の趣旨として「共同体作業の現代的価値を再提示する展覧会」であることをお伝えしました。これは柿渋座が単にモノづくり教室やボランティア活動だけではなく、近年失われつつある「結」のような共同体作業に取り組むことで、現代社会に対して価値観を揺さぶる可能性を秘めた表現活動なんですよという事です。もちろんメンバーは作業に没頭して、ああ今日も楽しかったと豊かな気持ちになる、それが基本です。しかしその光景が第三者の鑑賞する眼差しに出会った時、心動くものがあるのではなかろうかという事です。

続いて、「たねもしかけも」の意味について説明しました。建築には、即物的なモノとしての「たね」の美しさと、物語や仕組みといった「しかけ」の豊かさの両方が必要です。現代の建設システムではなかなか我々素人が「しかけ」に関わる機会が生まれにくいのですが、柿渋座では「しかけ」の当事者として主体的に取り組んで頂くことで、成果としての「たね」を実らせるきっかけになることを期待しています。

以上の熱き想いをお伝えしたのち、お待ちかねの柿渋染めをスタート。柿渋座では出来るだけ多くの工程をメンバー自ら作業して頂き、深い理解と自主性を育むことが出来るようにしています。ありがたいことに協力的な方が多く、なんともスムーズに進行して、時間いっぱいまでみなさん作業を愉しんで頂きました。

今回、柿渋染めに参加できなかった方も、次回以降の活動の際に随時染めて頂けるよう対応したいと思ってます。可能な回に可能な分だけ是非ご参加ください。柿渋座をどうぞよろしくお願いします。


▷次回: 外壁を柿渋で塗ろう

とき   2018年7月22日(日) 13:00-16:00
ところ  坂本善三美術館
もちもの 柿渋ユニフォーム、軍手、飲み物
参加費無料、定員無し、要予約
※予約・問い合わせ 坂本善三美術館 0967-46-5732

DSCN2145
作業工程とコツの図解
DSCN2148
柿渋染めエリア
DSCN2151
みんなで組み立てた竹物干しエリア
DSCN2154
それぞれの作業を持ち回りで体験します
DSCN2156
柿渋座のぼりの刷毛染めエリア
DSCN2166
柿渋座メンバーで記念撮影 キラキラです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中