ベンガラ柿渋塗りしました

柿渋座のメイン活動であります外壁のベンガラ柿渋塗りをしました。今回は約30名の柿渋座メンバ-にお集まりいただきました。

猛暑に備えて柿渋座のぼりと寒冷紗で日除けを設けたのですが、その姿は戦国時代の合戦本陣さながらの様相。坂本善三美術館の景観と調和するように、素直な選択をすると江戸時代にタイムスリップするんですね。建物の持つ力は時空を超えます。

ベンガラ柿渋については、前回の稿(ベンガラ柿渋塗り考)をご覧いただくとして、早速外壁塗りに取りかかります。今回の作業では柿渋座心得として「一人一人が作品作り」を掲げました。誰かと競うわけでもなく、誰かにやらされるわけでもなく、自分自身と向き合って集中して一つの作品として仕上げていくこと。そうして町の美術館として長い間多くの人の目に触れ続ける公開作品を作りましょうよと。これは公共の建築物ではなかなかない貴重な機会なのです。

いざ作業に取り掛かるとみなさん夢中で取り組まれてました。玄関周りを担当された方が「玄関は光栄だから特に綺麗にしたい」と張り切ってあったことや、彫刻の細かな部分を「ここも塗って綺麗にしたい」と進んで仕上げて頂いたこと、その他にもいくつもの素敵なシ-ンがありました。ほんとうに嬉しいことに柿渋座は着々と自主性のあるチ-ムに育っています。

同時進行で、ベンガラの焼成実演をして黄土が赤褐色に変色していく様子を体験したり、おまけ企画で柿渋染めを体験しました。休憩多めに会話も楽しんであっという間の3時間の活動でした。今回は一番目立つ美術館本館の正面縁側周辺をベンガラ柿渋塗りしました。次回は柿渋の原液を上塗りして仕上げる予定です。

暑い中ご参加いただいたメンバ-の皆さまありがとうございました。みなさんの手で綺麗な姿に仕上がり建物も喜んでいます。外壁塗りは継続して新たな局面も向かえます。興味のある方はぜひ次回ご参加ください。どうぞ柿渋座をよろしくお願いします。

DSCN2672
作業工程の図解
37674751_203042047043231_4839331658916167680_n
作業手順と心得えをお伝えするオ-プニングレクチャ-

 

DSCN2449
ベンガラ柿渋調合場
DSCN2454
ベンガラ柿渋塗り風景
DSCN2463
ベンガラ柿渋塗り風景
DSCN2462
細かな細工のある部分は入念に
DSCN2457
玄関周りは丁寧に
DSCN2461
親子の共同作業も
DSCN2464
夫婦の共同作業も
DSCN2495
ムラなく塗られた外壁
DSCN2493
丁寧に塗上げられた木鼻
DSCN2469
ベンガラの焼成実演
DSCN2470
焼成すると赤褐色に変色する
DSCN2467
柿渋染め体験コ-ナ-
DSCN2503
ベンガラ柿渋塗り完成
DSCN2471
今回お集まりいただいた柿渋座のみなさん 充実した表情です

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中