柿渋作り 八女遠征編

八女で柿渋を製造販売されている中尾さんの柿渋仕込みを柿渋座でお手伝いしてきました。中尾さんは以前にも柿渋についてお話を伺ったり、柿渋を分けて頂いたりと大変お世話になっている柿渋作りの「師匠」です。今回は急な呼びかけに集まっていただいたメンバ-総勢7名+柴犬1匹での参加でした。

八女立花にある中尾さんの渋柿畑には柿渋用に渋みを強く改良された通称「ニエ渋」と呼ばれる渋柿が20本ほど植えてあります。ニエ渋はピンポン玉ほどの小さくまん丸な実で、熟れても渋いそうです。毎年お盆に帰省にされる娘さん夫妻と協力して収穫をされます。収穫の目安は仕込み樽の容量に合わせて、上限コンテナ10箱。一日以上かかる大仕事です。前日に師匠が切り落とした大枝から鈴なりの実を採取します。作業が進むにつれ皆黙々と採取する、このそれぞれが夢中になっていく時間が好きです。今回は人数も多かったため午前中には収穫完了しました。

採取した勢いで実も潰そうかということになり、師匠の先代が製作したというお手製圧搾機の登場。渋は鉄分と触れると黒く変色することから、圧搾する部分は石で作られていました。コンセントを差し込むとガシ-ン ガシ-ン ガタゴト ガタゴトとリズムよく歯車が回り出します。渋柿の実を上から投入するときれいに潰れて下から出てきます。実を投入する、潰れた実を仕込み樽に移すの流れ作業で、コンテナ10箱分を一時間ほどで潰してしまいました。早い早い。

仕込み樽が満タンになったところで、残りはもらっていいよと師匠のお言葉を頂きます。そこは柿渋座、ちゃっかりマイ樽を持ってきており有難く頂くことに。師匠も仕込みが早く終わって良かったよと喜んで頂けた様子でした。長年培ってこられた師匠の仕事を拝見し、細かな疑問点にも丁寧に答えて頂き、とても実りなる一日となりました。ありがとうございました。

DSCN2736
渋柿畑目指して進む柿渋座メンバー
DSCN2639
中尾さんの渋柿畑
DSCN2638
中尾さんの渋柿 通称ニエ渋
DSCN2730
渋柿採取状況
DSCN2732
渋柿採取状況
DSCN2760
目標のコンテナ10箱採取達成
DSCN2749
先代が製作した圧搾機
DSCN2752
圧搾部は石で作られている
DSCN2754
圧搾機スイッチオン!
DSCN2758
瞬く間に潰された渋柿が落ちてくる
DSCN2765
潰れた渋柿を仕込み樽に移す
39108312_2139676436255512_5371194394235895808_n
潰れた渋柿を去年の二番渋で漬け込む
DSCN2770
中尾ファミリ-(右)と柿渋座メンバ-(左)
DSCN2625
中尾さん宅に貼られた柿渋座ポスタ-発見!嬉しい!!

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中